AST気功とは

【AST気功とは】

・人の身体は元々若干電気を帯びています。
・健康な身体はプラスの電気を帯びています。
病気の部分はマイナス電荷で形成されています。
・訓練を重ねたAST気功師の手からプラス電荷を帯びた病気に応じた気が出ます。
・病気の部分を形成しているマイナス電場にAST気功師の手からプラス電荷の気を送り、マイナス電荷の一部を中和し消滅させます。
・その他マイナス電荷は、プラス電荷と結合して遊離状態(プラズマ)となり、身体の表面へ放出させ、それを取り除きます。
・このように悪い部分のマイナス電場はマイナスからプラスに変化することにより活性化され悪い部分が改善します。
・プラズマ状態になったものをゴミ箱に捨てる作業をしますが、驚かないで下さい。

※AST気功はアストカイロ気功の略です。
古代より人体に宿主として存在するといわれるAstral(星気体) を意味するギリシャ語の造語で、日本生まれの気功です。
※プラズマ:正負の荷電粒子が存在して電気的 に中性になっている物質の状態のこと。